PHP初心者が読んでおきたいスライド&知見まとめ

2019年3月26日

会社で久しぶりにPHPに触れる機会が、増えてきました。

1年?くらい疎遠でしたが、再度復習した情報やPHPカンファレンスで得た情報を共有しようと思います。

スポンサーリンク

対象者

・PHP初心者
・PHP始めたい人

PHPの周辺ツール類

今回PHP言語自体の状況把握と開発環境を良くするための周辺ツールについて復習しました。

PHPUnit

PHPのユニット(単体)テストを簡単に書くことができるテストツールになります。

リリース後にも継続してサービスの改善を行っているようなシステムには、早い段階で導入しておくことで、後々の手動テスト工数が随分浮くかと思います。

また、しっかりと保守すればコード自体が、テストドキュメントとして担保できるため、途中からシステムの開発者で参画した人も一定の品質を保つことができると思います。

インストールしてみる方は、以下が参考になります。
参考PHPUnitインストール

Composer


プロジェクトが必要とするライブラリやパッケージを管理し、それをもとにインストールできるツールになります。

あとで何が入ってたんだっけ?このプロジェクトとか、新しくパッケージ追加したいなというときに非常に有効的です。

こちらも初回から導入することで、運用コスト・システム品質を保つことができると思います。

以下が簡単な例です。

例)利用パッケージ定義例
・composer.jsonというファイルに記述。

{
    "require": {
        "monolog/monolog": "1.0.*"
    }
}

定義ファイルにパッケージを追加・削除・変更したりして、コマンドを実行するだけで管理できる。

インストールしてみる方は、以下が参考になります。
参考Composerインストール

PHPカンファレンス2016

特に気になったものや勉強になったものをピックアップしました。

・これからのPHPについて
スライドPHPの今とこれから2016
※PHP5系と7系の処理速度改善に驚きました。バージョンあげた方がいい!

・PHP7コードの書き方について
スライドPHP7で堅牢なコードを書く
※プログラミングの書き方についてのいくつかの手法を学べました。

・セキュリティー面の考えについて
スライド安全なPHPアプリケーションの作り方2016
※セキュリティー(脆弱性)周りが気になる方は、ぜひ!

その他にもスライドまとまってますので、気になる方は、以下をチェック!!
参考【速報!】PHPカンファレンス2016 講演スライドまとめ #phpcon2016

まとめ

「PHPの今とこれから2016」スライドを見て、まだまだ今後言語自体の速度改善が見込めることやプログラミング初心者でも他の言語に比べて習得コストが低いことがPHPのメリットであると思いました。

他のスクリプト言語(Ruby/Pythonなど)に比べて、利用頻度は減ってきているものの、簡単にWebシステムを構築できることから、まだまだ日本や世界で使い続けられる言語だと感じました。


スポンサーリンク
PAGE TOP