Webエンジニアが初Webデザインを学ぶ気になったわけ

2016年1月19日

僕は約5年ほどWebエンジニアをしています。

会社でWebエンジニアの担当する業務は、PHP/Perl/Ruby言語等のバックエンドとHTML/CSS/JS等のフロントエンドあたりでしょうか。

小規模の会社だと打ち合わせから納品までの一連の業務を経験をすることができますが、ある程度大きな会社になると分業が進んでくるため、各分野のスペシャリストが担当するのが普通かなぁと思います。

エンジニアだから設計・コーディングだけやっていればいいと思っていましたが、業務をひたすらやっているだけだといつの間にか、同じ分野のスキルしか伸びなくなったり、ある程度でそのスキルも頭うちになって仕事の視野も狭くなってしまうような気がしました。

どこかでやらなきゃって気持ちは、ずっとあったのですが、、ついつい後回しにしていました。
いい機会なので仕事ができるレベルまで学習しようと思いました。

最初に写真・画像の加工を学習!!

スポンサーリンク

王道の「Photoshop」

本とか買わずに、ネットで調べながら各ツール類の使い方を学習しましたが、想像以上にツールも多く、そうそう簡単にはマスターできないと思いました。

ただ、画像をどのように加工したいか等をピンポイントで、少しずつ学習すれば、徐々にできることも自然と身につく気がしました。
自分はあまり得意じゃないんだとか苦手意識持たずにどんどん触っていくことが大切ですね。

次にイラスト・ロゴとか学習!!

やっぱこれだね「illustrator」

バナー・会社のロゴ作ったりするのに、便利ですね。
フリーソフトのGIMPを今まで使っていたのですが、やはり、、、有料のillustratorの方が、画面が使いやすい気がしました。

CSS吐き出せるのも魅力的ですね。

Webデザインする際に、各デバイスに合わせて、デザインカンプ作るのも大変。。。
個人だとなるべく時間を短縮して、高品質を求めたいですよね。

僕も下記サイトを読んで、学習しなきゃと思いました。
参考レスポンシブWebデザインのワークフローと画面設計

蛇足、2015年11月27日まで月に980円・・・・安いですね。
ちょっと迷っている方は、この機会に触ってみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

Adobe系のツールは、体験期間やチュートリアルでの学習があるので、スムーズに入りやすいなと思いました。
やっぱり、全世界で使われているだけありますよね。

分野に特化しつつも、デザインのスキルも磨き、さらに仕事の幅を広げていけたらと思います。

今日は、この辺で〜m(__)mZzz


スポンサーリンク
PAGE TOP