IOS開発入門編 Swift 定数と変数を未経験から習得

プログラム未経験・Swiftをこれから始める方に向けて素早く理解しやすいような内容で、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回の目標

x-codeを起動し、数字など(変数)で遊んでみる

PlayGround起動

x-codeを起動すると以下のような画面が表示されます。

「Get started with a playground」を選択します。

プロジェクト名は、私の場合、Studyとしましたが、お好みで大丈夫です。

PlayGroundは、プログラムを容易に動作させるのに向いているプロジェクトになります。
勉強したり、思いついたコードを書いてみようという時に向いています。

プログラムを動かしてみよう

PlayGroundを起動すると既に「Hello, playground」という文字が設定されているので、一旦全部削除しましょう。

↑中身を削除

ここまでで勉強する環境ができた!!

あとは、書きたいプログラムを書いて学んでいきましょう!

変数・定数

プログラミングでまずどんな言語でも入り口となる、変数・定数について、まず習得しましょう。

変数って?

プログラムを書くにあたって、数字や文字等を入れておく箱のようなものです。
一度定義したら、何度でも値を入れ替え可能です。

Swiftでは、以下のように記述します。
vat 変数名 = 値

// 数字を定義
var ten = 10

例)tenという変数に数字の10を定義しました。
PlayGroupで記述するとtenの中身が右側に表示されます。

// 文字列を定義
var study = "勉強"

例)studyという変数にダブルコーテーションでくくって勉強という文字を定義しました。

var 変数名で、定義したten/studyには、一度定義した後は、なんども値を入れたり可能です。

var study = "勉強"
study = "苦手!!"

例)最初に勉強と定義した後に、変数には勉強が入り、その後に苦手!!で上書きされます。

定数って?

変数とほぼ同じであるが、一度定義したら値の上書きなどができないことが変数と異なります。

Swiftでは、以下のように記述します。
let 定数名 = 値

//文字列の定数を定義
let KAERENAIYO = "変更できないよ"

例)KAERENAIYOという定数に変更できないよという文字列を定義しました。

試しに、以下のように上書きできないかやってみましょう。

//文字列の定数を定義
let KAERENAIYO = "変更できないよ"
KAERENAIYO = "変えてやる"

2行めの値を入れる箇所で、エラーが表示されると思います。

定数には、値が変わらないものを定義するために利用します。

例えば、プログラムで、国の名前であるとか映画のタイトルであるとか。

上記を習得したことで、文字・数字が扱えるようになったかと思います。


スポンサーリンク
PAGE TOP