【Swift Realm】モバイルデータ管理

本職は、バックエンドエンジニアですが、ちょこちょことアプリ開発をしています。
過去ゲームアプリを作った際に、クライアントデータはSQLiteで管理していました。

普段あまり使わなかったので、導入までに試行錯誤した記憶があります。

最近は、「Realm」というデータベース管理が簡単に実装できるらしいので調べてみました。

スポンサーリンク

Realm

世界で10万人以上が利用しており、AppStore(アプリのストア)で上位ランクを占めているアプリでも利用されているという素晴らしいデータベースシステム。

インストールもCocoaPodsを利用すれば、あっという間に取り込みができる。

魅力

・10行ぐらいのコードで、テーブル定義や書き込みができる点。
・Swift以外にもJava/Objective-C/React Native/Xamarinで利用できる点。
・別途インストールでRealm BrowserというMacアプリでGUIベースでデータの閲覧などができる点。

実装サンプル

テーブル(オブジェクト)の定義がこんな簡単に!!

class Cat: Object {
  dynamic var name = ""
  dynamic var age = 0
}

あとは、こんな感じで書き込みができちゃう!!

let cat = Cat()
cat.name= "ニャンコ"
cat.name = 10

let realm = try! Realm()
// 書き込み(追加)
try! realm.write {
  realm.add(cat)
}

まとめ

利用者が多いことやSwift3系の対応も早く、ドキュメントも充実している印象を受けました。
実装もシンプルなので、導入のコストもすごく低いので是非今後利用していこうと思いました。

参考公式サイト


スポンサーリンク
PAGE TOP