【Linux】アクセス権 スティッキービット(Sticky Bit)

サーバーでプログラミングをしていて、ある機能が動作しなかったため、アクセス権限?メモリ?バグ?など色々と調べていた時に忘れていた特殊なスティッキービット(Sticky Bit)というアクセス権限について触れたため、まとめました。

スポンサーリンク

スティッキービット

ディレクトリ(フォルダ)に設定する特殊なアクセス権限です。

設定されたディレクトでは、すべてのユーザーがファイル・ディレクトリを書き込めますが、ファイルの所有者、ディレクトリの所有者、スーパーユーザーのみしか変更・削除ができなくなります。

主に/tmpディレクトリに使われます。

コマンドラインから確認

ルートディレクトリのtmpディレクトリを確認してみましょう。

$ ls -ld /tmp
drwxrwxrwt 7 root root 4096 Nov 22 23:02 /tmp

その他の権限グループに(末尾)に「t」という表記が、スティッキービットが設定されている状態になります。

コマンドラインから設定

以下のようにtestフォルダを作成して、スティッキービットを設定してみましょう。

$ mkdir test
$ ls -ld test
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Nov 22 23:37 test
$ chmod +t test
$ ls -ld test
drwxr-xr-t 2 root root 4096 Nov 22 23:37 test

これでtestディレクトリにスティッキービットが設定できました。

まとめ

アクセス権限も読み・書き・実行や所有者・所有グループ・その他のグループあたりは、よく設定しますが、/tmp配下で何らかの処理(プログラミング)をする際ぐらいしか、あまり気にとめていませんでした。

忘れないように30過ぎても復習復習で、頑張っていきたいと思った今日この頃でした。


スポンサーリンク
PAGE TOP