Elixir概要編5分で把握しよう

サーバーサイド技術で、徐々に広まってきていそうなので、そろそろElixirに手をつけてみました。
名前が某有名RPGに出てくる万能アイテムにそっくりなところが、個人的に惹かれました。

余談はさておき、今回はElixirってどんなものか?について把握していこうと思います。

スポンサーリンク

Elixirとは?

スケーラブルで保守可能なアプリケーションを構築するために設計された動的で機能的な言語

特徴

・Erlang(アーラン)の仮想マシン(VM)を活用
・関数型言語
・並行処理に向いている
・フォールトトレラントシステム(耐障害性が高い)
・メタプログラミング

動作環境

・Mac OS X
・Windows
・Docker
・Unix (and Unix-like)
各環境のインストールは、以下公式に記載があります。
公式サイトElixir
→インストールをクリックして、環境を選択すれば導入チュートリアルがあります。

活躍しそうな分野

広告ADシステムやソーシャルゲームなどのバックエンドAPIなどでしょうか。

まとめ

オブジェクト指向言語が長い人だと関数型がとっつきづらいかもしれないが、Rubyぽい感じで書けるため他の関数型よりはとっつける。

適用事例が少ないが、今後、システムの要所要所で利用されやすそう。

また、PhoenixというElixirで実装されたウェブアプリケーションフレームワークがあるので、アプリベースでの開発もしやすそうに感じました。

公式サイトPhoenix


スポンサーリンク
PAGE TOP